ハゲてからでは遅い!20代のうちにやっておくべき薄毛対策とは!?

最近では、若い年齢層でハゲてしまう可能性が高いといわれていますが、その前きちんと対策を行うことにより、悩みを軽減することができます。薄毛対策はまだ、軽いうちに行うことにより、改善へ導く必要があります。

早めに対処する際に、どのような症状に気が付くことが大切なのでしょうか。

・パサつきです。健康的な髪の毛はつやもありこしもありますが、頭皮の状態が悪くなってしまうことにより、ぱさついてしまいます。髪に潤いがなくなってしまうので、補うためにトニックやジェルなどを使う人もいますが、その結果、頭皮の状態を悪化させてしまうのです。

・髪が細くなる。頭皮の血行が悪くなってしまうと毛根に栄養が行き渡らなくなってしまうので、正常な発毛ができなくなってしまいます。髪が細くなってしまうことにより、髪全体のボリュームがなくなり、雨の日などとくにべったりした感じになってしまいます。

・寝ぐせがつかなくなる、寝癖がついているのは、髪の毛が細く柔らかい状態で若いころは朝起きると髪の毛に寝癖がついて、ジェルやフォームなどを使ってなおしていたという人も多いと思います。年齢を重ねることや生活習慣の乱れなどにより、髪質が落ちてしまうことにより、寝癖がつかなくなってしまいます。変な寝方をしても寝癖が付かない場合には、ハゲの初期ともいえるのです。

・頭皮にかゆみがある場合も頭皮から皮脂が分泌されることにより、雑菌や汗などに反応して、雑菌が増殖してしまうのです。その結果、頭皮に炎症が起こってしまったり、かぶれやかゆみになってしまうこともあり、頭皮にかゆみやフケがある場合には、適切な対応が重要になります。

・ストレートだった髪がウェーブ状になる。正常に発育している場合には、太くてまっすぐもびます。今まで太くコシがあった髪の毛の変化が表れてきた場合には、注意が必要になります。さらにウェーブかかったような感じで切れ毛が多くなった場合には、薄毛になりやすいといえます。

・抜け毛が多くなる。ヘアサイクルが正常な場合には、抜け毛の数はそれほど多いとはいえません。一定に保たれている程度で気になってしまうことがないのですが、ヘアサイクルが乱れているバイアには、髪の毛の発育が十分でない場合、抜け毛が多くなってしまいます。

・頭皮の状態が気になる。頭皮から皮脂が過剰に分泌してしまう場合にが、はげの初期症状と言えます。シャンプーのし過ぎやヘアケア製品などが原因となり、頭皮が乾燥することにより、潤を補うために皮脂の分泌量は増えてしまいます。これが、皮脂の過剰分泌の原因となってしまいます。

実際に、髪の毛がなくなってしまってからケアを行っても遅いと言えるので、早めに対策を行うようにしましょう。自分が使っているシャンプーも自分に合っているかどうかも確認するようにしましょう。

5αリダクターゼ抑制育毛剤!AGAの原因物質を一番抑える育毛剤!

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>