産後の脱毛は崩れたホルモンバランスが正常化している証拠

女性は赤ちゃんを産んでから2~3ヶ月して、
髪の毛がよく抜けるようになったという人は多いみたいですね。

出産を経験した人の7割が、抜け毛に悩んでいたと言うデータがあるそうです。

昔から「産後は髪がよく抜ける」と言われているので、何となく分かっていても、
どういった理由で抜けるのか知らない人もいるかもしれませんね。

実は、産後脱毛はホルモンバランスの問題なのです。

妊娠すると女性ホルモンの分泌量が多くなり、
中でも、プロゲステロンという黄体ホルモンの女性ホルモンが増えてくるそうです。

プロゲステロンには、妊娠を継続させて体温を上昇させたり、
髪の成長を促すというような働きがあります。

つまりプロゲステロンによって、抜ける予定だった髪が抜けることなく成長してしまうのです。

なので、妊娠中は髪が伸びるスピードがいつもより速く、
髪の全体量も増える傾向にあるみたいですね。

でも、出産が終わるとプロゲステロンの分泌は減って、ホルモンバランスも正常に戻ります。

産後ウツや産後クライシスという言葉があると思いますが、
産後の情緒が不安定になるのもホルモンバランスの乱れと多いに関係があります。

髪が抜けるのはホルモンバランスの乱れによる一時的なものなので
気にする必要もなく、特に何もしなくて良いのですが、
産後1年も2年も経ってまだ髪が抜け続ける、薄くなった箇所が戻らない、という人は
女性の薄毛治療、FAGA治療などを受けるのも一つの選択肢になります。

するとプロゲステロンの分泌が過剰になって成長していた毛髪は、
今まで抜けなかった分まで、ゴッソリ抜けてしまうのです。

そのことで、産後の脱毛が酷くなった!と感じてしまうのでしょうね。

産後1年くらいたつと、抜け毛が気にならなくなる人がほとんどなので、
産後しばらくして抜け毛が増えても、あまり心配しない方が良いと思いますよ。

もし1年以上たっても、脱毛が続く場合は他にも原因があるかもしれないので、
気になる人は病院に行った方が良いかもしれませんよ。

Leave a Comment


NOTE - You can use these HTML tags and attributes:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>